婦人

いぼの治療方法

医者

いぼが気になる人のサイト

いぼが気になる方はレーザー治療で除去可能です。痛みも少なくキレイになくなりますよ。

いぼの種類と治療方法

いぼにはたくさんの種類があります。一般的ないぼとして代表的なのは、尋常性疣贅と呼ばれるものです。手足などの接触回数が多いところに出る場合がほとんどです。最初は薄い皮膚の盛り上がりのように見えますが、次第に表面が硬くなっていきます。加齢に伴って出現するいぼもあります。手足以外の全身に現れ、色や形も様々です。良性のものであれば問題はありませんが、悪性のがんである可能性もあるので、医療機関に相談してみましょう。また、接触により感染すると言われている水いぼもあります。やわらかいいぼが、複数出てくるのが特徴です。そのやわらかいいぼが破裂するとウイルスが飛び散ってしまうので、早めに病院に行くようにしましょう。いぼには様々な種類があるので、悩んでいる人も多いと思いますが、原因は人それぞれです。そのため、すぐ効き目が出る治療法は存在していないのが現状です。いぼの種類や箇所も人によって異なってくるので、クリニックでは医師が判断した治療を適宜行っていきます。昔から使われている治療法としては、液体窒素を用いたものが挙げられます。マイナス196℃にもなる液体窒素で、低温火傷を引き起こし、いぼを焼くという治療方法です。治療後は皮膚の炎症を悪化させないよう、日焼けなどに気をつける必要があります。とくに夏場は注意しましょう。また、液体窒素を使用した方法は、何回か治療を繰り返す必要がありますが、保険が適用される場合がほとんどです。そのため、比較的安価にいぼを治療することができるでしょう。ほかの治療法としては、「ヨクイニン」が入っている薬を使用する場合もあります。ヨクイニンとはハトムギのことで、タンパク質やビタミンなど豊富な栄養素が含まれています。そのため、いぼの治療にも効果が期待できると言われているのです。免疫力を回復させることで、いぼを引き起こしているウイルスを弱めることができるのです。効果が実感できるまで時間がかかりますが、治療をする際に痛みを伴わないでしょう。また、まるごといぼを除去するという方法もあります。レーザーを使用する方法です。いぼの箇所を狙ってレーザーを照射するので、跡が残りにくいでしょう。大きさや種類によって、費用や期間に差が出てきますので、各クリニックに相談してみてください。大きないぼに悩んでいるのなら、クリニックで除去すると良いですよ。見た目の印象を変えることができるでしょう。

生活習慣の見直しが必要

ウーマン

生活習慣を見直すことで、いぼの発生を抑えることができます。肌を清潔に保ち、常に保湿を心掛けましょう。万が一発生してしまった場合にも、美容外科クリニックでレーザー治療を受ければ除去することができます。

いぼに合わせた治療方法

婦人

レーザーを使ったいぼの除去方法が有名ですが、レーザーにも種類があります。いぼをきれいに除去できるとして炭酸ガスレーザーの人気が高まっていますが、正しい扱い方をしないと一生傷跡が残ることもあります。施術を受ける際には信頼できるクリニックに任せましょう。