女性

生活習慣の見直しが必要

ウーマン

日常的に肌をケアしよう

体質によっていぼができやすい人もいますが、生活習慣を見直せばある程度発生を抑えることができます。いぼができやすいと自覚している人は、まずは衛生面に注目しましょう。種類にもよりますが、ウィルス性のいぼは皮膚につくことで観戦します。こまめに汗を拭いたりシャワーを浴びる習慣をつけて、肌を清潔に保ちましょう。また、怪我を負った際にはすぐに手当てを行い、傷口に細菌が入らないよう注意することが必要です。ウィルス性のいぼの場合は、周囲の人に感染する恐れがあるので、家族間で同じタオルを使いまわさないなど対策を取りましょう。肌を清潔に保つことはもちろんですが、保湿することも大切だといえます。人間は肌が乾燥すると、皮膚下のバリア機能が低下してしまいます。ちょっとした刺激でもダメージを受けることがあるので、肌を強くするためにも保湿を心掛けましょう。保湿効果の高い化粧水やボディクリームを使用すると効果的です。特にオイル系は保湿力に優れているので、肌が乾燥しやすい人や冬場には天然成分配合のオイルを使用すると良いでしょう。肌を保湿することで、いぼの発生を防ぐだけでなくシミやシワの発生も防ぐことができます。このように自宅でケアを行っても、加齢によっていぼが発生することもあります。万が一いぼが発生してしまったら、すぐに美容外科クリニックで除去してもらいましょう。いぼは徐々に数が増えることがあります。特にウィルス性のいぼはだんだんその範囲を広げて発生し続けるので、発生に気付いたら早急に除去してください。美容外科クリニックでは、レーザーを用いた方法でいぼを除去することができます。同時に複数のいぼを除去できるので、複数発生した場合にも一度で治療を終えられる可能性が高いです。患部には麻酔を施すので、痛みに弱いという人でも安心して受けられる治療方法だといえます。術後一週間程度は患部に傷が残りますが、10日も経てばテープをはがすことができます。肌が再生する一ケ月後にはほぼ目立たない状態になるので、顔などのいぼの除去にもおすすめです。レーザー治療を受けたいという人は、まずは美容外科クリニックに問い合わせてカウンセリングを受けましょう。